HOME

>

ブログ

Archive:三浦半島の畑

石刁柏が、にょき。

「せきちょうはく」とも呼ぶそうです。アスパラガス。
Wiki受け売りレベルのトリビアで恐縮です。

ジャガイモが出てきてるだろうと、畑に出かけてきました。すると思いがけず、何本かがにょきにょきと育っていました。

ライフマジックの畑、数年前からアスパラガスの地下茎の付近にモグラが通り道を作ってしまいました。しかもそのトンネルをネズミたちも利用したりしていたらしく、なんだかちゃんと育たなくなってしまいました。去年あたりで、もうあきらめていたのですが、嫁さんがトンネルを崩落させた(踏んづけてつぶした)り、土をフカフカにしてしまう雑草を徹底的に殲滅したりといった努力が実ったような。

昔みたいに生えてくれたらうれしい。

ライフマジックのアスパラガス関連の記事




Written by anv

2012/04/18 at 12:44 am

嵐を過ぎて

畑をやり始めてもう5回目の春。僕たちにとって、毎年畑の新しい一年は、この行事から始まる感じがあります。

少し前に遡るのですが、ジャガイモの作付けを終わらせていました。3月の下旬の話。買っておいた種芋をスパスパとカケラに切って、切り口が腐らないように灰をつけてから埋めて。

暴風が吹き荒れたあの日あたりは、ちょうど芽が出ていそうなタイミングで、もしかしたら激しい雨風で流されるか吹き飛ぶかしてしまったんじゃないかと心配をしていました。

でも、ほんとにタフ。ジャガイモ。気の早いやつが何本も、雨でくたくたになった畝から土を割って芽を出していました。それをみて、ああ、やっと始まった。これからはずっと暖かくなっていくんだね、と少し嬉しくなったり。それでも、今年はなかなか土の温度があがらなくて、のんびり気味な気がする春です。

久しぶりの記事は、さらっとこんな感じで。




Written by anv

2012/04/11 at 1:37 am

めざせトマト長者

夏の畑の主役!
今年もトマト、いっぱいやりますよ。

先日やっと、冷凍パックしていた2010年のトマトソースを食べ尽くしました。昨年の3月の震災と原発事故直後から、しばらく外出を控えている間はずいぶんと重宝しました。あの時期にかなり消費したのですが、ようやく食べきったという。

パスタ率が異常に高い我が家にとっては、トマト依存度も高くて、フルーツトマトから大玉まで、あれこれと畑でも気合いが入ります。

「やったー!」

思わず声が出ちゃいます。真っ赤な実が鈴なりになっているトマトの木。夏の間はこれを見るのが楽しみで畑に出かけているような。

完熟状態のトマトは、ジューシー&濃厚。これが食べられるのは、畑をやる民の特権。ちょうどトマトの収穫時期に別の仕事も繁忙期に当たるため、毎年穫りきれずに、かなりもったいないこともしているのですが…。

というわけで、今年もトマト、いっぱいやりますよ。
塩を持参で食べに来てください。全部セルフです。

作付けは、例年、ゴールデンウィーク前半。今季は何本やりましょう。

先日、「メタボに効く」というニュースが話題になって、スーパーからトマトジュースが消えたとか。トマト長者になれるかな。なれないな。




Written by anv

2012/02/21 at 12:33 am

今年の春のジャガイモは1.5kgのみで

まだインフルエンザが猛威をふるっていますが、寒さはピークを越えたような気がします。あいかわらず、かなり冷えるけれど、寒風が肌を刺す感じが少しだけ柔らかくなったような。

さて、畑を始めて5回目の春がやってこようとしています。三浦の田園地帯では大根の出荷が進んで、早くも空いた場所から順番に作付けの準備のために耕されたりしています。

僕らの準備といえば、土をひっくり返したりしている程度。この冬は、土(と自分たち)を休ませるために秋冬野菜をやらなかったので、いまライフマジックの畑で育っているのはハーブとネギくらい。それ以外は何もない状態です。広い更地を眺めながらレイアウトを決めるのは楽しい。いつもは何かしらあちこちに生えているので。

で、例年、ライフマジックの春の作付けのトップバッターは、ジャガイモです。そろそろだね、ということで、土曜日に種芋を買ってきました。

畑の2年目は、のんびりしているうちに売り切れになってしまってジャガなしの春。その翌年は気負って東北から取り寄せたものの、20kgはさすがに手に負えず。ジャガイモの収穫量は種芋の10〜15倍になるのです。半分を長野の友人に押しつけてしまいました。それでも恐ろしいほどの収穫量。長野からも悲鳴が聞こえてきました(飯田さん、あのときはごめんなさい)。

今年はストイックにいこうと、備蓄が長く利く男爵を1kg。これは手堅い選択。これだけにしようと思っていたのですが、やっぱりもう少し欲しくなって「インカのひとみ」を0.5kgだけ追加しました。あの大人気の「インカのめざめ」の改良品種だそうです。

3月下旬に作付けの予定。
春が待ち遠しい。




Written by anv

2012/02/13 at 2:20 am

焚火しながら畑の仕事

このところ畑に来ると、焚火をしています。
暖をとるというのもあるのですが、畑の隅のほうで火と煙があがっていると、なんとなく安心感があるのです。

焚火に関しては、長年のアウトドア趣味を通して「火をあんまり大きくしない」というちょっとした美学みたいなものが備わりました。

「火に囚われる」とでもいいましょうか。キャンプを始めた頃は、面白がってぼんぼんとたき木をくべて火を大きくして…というのをやっていたのですが、これを維持し続けるために燃やすものを探し続けることになってしまうんですよね。果てしなくエスカレートしていくときもあるし。

チョロチョロと静かに火と煙が立っているくらいが一番美しい。
たまに木が弾けるパチパチという音が響くのを聞いてると幸せな感じ。
いつでも料理のための種火にもなるし、コーヒーの湯沸かしキープならこれで十分。

今日は焚火のそばに腰を下ろして作業をしていたので、すっかり煙臭くなってしまった…。




Written by anv

2012/02/3 at 2:06 am

春待ち。天地返し。

昨日は大寒。今がまさに冬の盛り。

先週、久しぶりにライフマジックの畑に出かけました。耕耘機で土を掘り返す「天地返し」のためです。こういうことをして、地中に潜んで越冬しようとしている害虫や細菌たちを凍死させ、土の滋養を高めるというものだそうです。

畑に出かけるのは3〜4週間ぶりだったでしょうか。例年だと、この時期も冬の野菜を育てているのですが、昨秋からは新たな作付けをせずにいます。この数年の間、フル稼働させていた畑の土を休めようという大義名分。こんな気まぐれで畑を休んだりというのは、本業でやっている農家さんたちからまた笑われるネタになってしまうのですが。

夏秋の間に生い茂った雑草が枯れて、畑の土はびっくりするほどフカフカになりました。

この季節は、春から育てたいものや畑のレイアウトをあれこれと考える楽しい時期。この新しい農作の年は、いままでと少し違うスタイルで土に触れていけたらいいなと。




Written by anv

2012/01/22 at 5:49 pm

初夏の収穫〜ソラマメ&イチゴ

公式サイトとしては、恥ずかしい話。
丸1カ月ブログの更新をしませんでしたが、畑のほうを
さぼっていたわけではありません。

メンテにはちゃんと出かけて雑草をむしったり、肥料をあげたり。
そうだ、連休にはあれこれ夏野菜の種苗を手に入れて植えたりも。
このあたりは別記事にします。

さて、今日の報告。1つめはソラマメ。

去年の11月に種を蒔いたソラマメが収穫時期を迎えました。
大粒の豆を抱いたサヤがぶらぶらしています。

2つめはイチゴです。


これもまた大粒のものがコロコロと。例年にない出来映えに
ちょっと自己満足。

で、どっちも家に帰ってさっそく食べてみました。
エダマメは茹でて、お塩で。イチゴは、水洗いでそのまま口にポイ。

!!。

…ごめんなさい、その感動っぷりが文章で伝えきれない。
強いていうと、どっちもそれぞれ味が濃い。味が甘い。

春早々に収穫を終えた野菜たちもそうでしたが、今年の穫れものは
そんな感じ。冬が厳しかったからかな。




Written by anv

2011/05/14 at 11:27 pm

春畑の息吹

畑にでかけると、いろいろなものが育ってくれていました。

例年、この季節の畑の勢いには圧倒されそうになります。
冬の間に溜め込んだエネルギーが一斉にほとばしる感じ。

コーヒー企画の添え物として作ることになったジンジャークッキーの
材料にしようと、久しぶりにショウガをやることにしました。

数週間ほど前に植えたジャガイモが、もうこんなに。

来週にはいろいろな野菜の苗木を手に入れて、GWを利用して作付けします。

とても忙しいけど1年で一番楽しいシーズンに突入です。




Written by anv

2011/04/16 at 11:20 pm

キャベツの収穫

ごろごろ穫れました。

明日、都内レストランへの出荷です。
先週、前フリしたら、シェフが大喜びしてくれました。

「そういうことなら今週は、三浦キャベツのなんとかってランチセットやる」

ことになりました。




Written by anv

2011/04/3 at 11:05 pm

Soil

ライフマジックの畑は、ほんの小さな畑ですが、大切にしてきた畑。
畑をやる人たちは、野菜と同じように土に対しても愛着があります。
生産農家の方々のご心中を考えると胸が痛みます。

ライフマジックのドレッシングは、今は1本単位で受注製造という
なんとも呑気な形を採っていて、その都度、原材料の産地を明確化
することができますが、風評被害を含め、被災地の生産者さんたち
へのインパクトがとても気になります。

アメリカ農務省(USDA)の声明をみても、日本の今回の事故が
すでに海外からどんな風に受け止められているか感じとれます。

数日前、米国の友人にガイガーカウンターの入手を頼んだのですが、
すでにあちらの国でも品薄のようです。

忍耐の日々が続きそうですが、大丈夫。日本は、ぜったい大丈夫。




Written by anv

2011/03/21 at 11:10 pm