HOME

>

ブログ

Archive:02/2010

第四候の畑

第四候――雪から雨に変わり、大地が蘇る
昨日は「雨水」――土中が潤い始める。

昼過ぎから畑に出た。

この時期の三浦半島は、キャベツとダイコンの出荷で畑が大賑わい。
あちこちで農家さんが収穫や出荷作業をしています。

5月に穫れる春キャベツの苗を植えた。32個分。
すでに収穫してしまった分も含めると、こんなに小さなうちの畑でも
今シーズンは100個くらいを育ててることになります。

地主の加藤さんの面倒見のよさに恐縮。すでに鳥害対策をやってくれていた。
今日やろうと思っていた作業1つだった。ありがとうございます。

若い苗の瑞々しさ。

キャベツの脇にサラダレタスの苗を添えました。
キャベツの天敵、青虫の忌避コンパニオンプランツ。

寒い中でもセロリが着々と育ってきました。
青空に向かってピンと伸びる姿が清々しい感じ。

手前が水菜。ナベ向き冬野菜の筆頭格。
うしろのソラマメは…種の蒔き時を読み間違えてしまって、この時期に
早く成長しすぎてしまい…こうなるとアブラムシの格好の的。
がんばってほしいところだけど…どうなるかな。




Written by anv

2010/02/20 at 11:50 pm