HOME

>

ブログ

3.11と、それからのこと

東北地方は、ちょうど桜が見頃でした。

3月11日の震災から始まった一連の出来事は、今後の日本や日本の人々の心に暗い影を落としました。

いろいろなことが、これからの私たちの生活に大きく影響していくことになりそうです。いままでなかった新しい制約やルールが、私たちの生活の規範そのものを変えるよう強要してくるのかもしれません。

日々の暮らしにおける「安全と快適」について、どう考えていくか。このあたりはライフマジックとしてのテーマに触れるところかもしれません。

3.11以降、国内外のメディアや研究機関などが発信するニュースやペーパーなどを重苦しい気持ちに押しつぶされそうにながらあれこれ漁る日々。そんな時間が経過したあと、現実に起こっていることを自分の目で確かめたいという想いに突き動かされて、思い切って被災地に出かけることにしました。本当にわずかながら支援物資として、自分たちの石けんを避難所に届けつつ。それから放射線量計を携えて。

現地へ出かけてみると、被災地の状況は、現地を訪れた誰もがいうとおり筆舌に尽くし難く、ただひたすら打ちのめされました。

そして、自分たちが住む場所に戻ってきて、感じたこと。

東北の土地や、そこにいる人たちとの縁ができたことに感謝しながら、自分たちらしく行動してみる。

今回の出来事から、また1つ新しいプロジェクトがスタートです。


わずかですが、被災地での写真を何枚か地図においています。

>>Roaming0311




Written by anv

2011/05/15 at 2:25 am

Posted in すべての記事